一般社団法人
日本在宅救急医学会
E-mailでお問い合わせ
第3回学術集会ポスター

第3回 日本在宅救急医学会学術集会
『在宅救急診療ガイドライン作成に向けて』

日時2019年9月7日(土)  9:00~17:00
会長国際医療福祉大学市川病院消化器外科学教授 吉田雅博
会場日本医科大学武蔵境校舎
 東京都武蔵野市境南町1丁目7番1号(JR中央線武蔵境駅南口徒歩2分)
お問合せ・
応募用演題登録
zaitakukyukyu.3@gmail.com
参加費医師 10,000円、医師以外の医療関係者 2,000円、学生 無料
 身体的に介助が必要な方の付添者 無料
第3回学術集会プログラム  2019/9/7(土)

1.学術集会プログラム予定

〈第一会場〉
【9:00】
開会の挨拶
学術集会会長 吉田雅博
【9:05】
会長講演
司会:横田裕行  演者:吉田雅博
タイトル:『在宅救急診療ガイドライン』作成に向けて
【9:20】
シンポジウム1
司会:守谷 俊、照沼秀也
タイトル:『在宅や施設で「急変を早く見つけるにはどうするか?」』
【9:20-9:35】 演者:小林美香
タイトル:『訪問看護の立場から』
【9:35-9:50】 演者:井上淑江
タイトル:『訪問診療医の立場から』
【9:50-10:05】 演者:伊達 豊
タイトル:『研究者の立場から』
【10:05-10:20】 演者:小豆畑丈夫
タイトル:『医療アクセスの判断』
【10:20-10:40】 総合討論
【10:40-10:55】 演者:太田祥一
タイトル:『総括』
【10:55】  休憩(5分)
【11:00】
教育講演
司会:真弓俊彦  演者:二木 立
タイトル:『今後の医療・社会保障費の将来見通し、地域包括ケアと高齢者医療のあり方』
【11:50】  休憩(5分) 
【11:55】
ランチョンセミナー
司会:吉田雅博  演者:布施達朗
タイトル:『セコムが考える在宅医療と救急医療の重要性』
【12:45】  休憩(5分) 
【12:50】
シンポジウム2
司会:益子邦洋、丹正勝久
タイトル:『住宅や施設で「急変した時どうするか、不要な搬送を減らせるか?」』
【12:50-13:05】 演者:会田薫子
タイトル:『在宅で生き終わるということ』
【13:05-13:20】 演者:寺門 理
タイトル:『現場で「救急隊」として』〜在宅療法継続の搬送症例〜
【13:20-13:35】 演者:佐々木 淳
タイトル:『在宅の立場から』
【13:35-13:50】 演者:長尾和宏
タイトル:『受け入れ病院で看取る時の現場の諸問題』
【13:50-14:10】 総合討論
【14:10-14:25】 演者:新田國夫
タイトル:『総括』
【14:25】
招待講演
司会:小豆畑丈夫  演者:竹田主子
タイトル:『難病重度障害者の在宅医療と救急医療 ー医師として患者としての立場からー』
【15:05】
シンポジウム3
司会:島田 潔、阪本雄一郎
タイトル:『退院する時(した後)の諸問題』
【15:05-15:20】 演者:藤井智信
タイトル:『ケアマネジャーの意思決定支援』
【15:20-15:35】 演者:津崎一美
タイトル:『退院カンファレンスの重要性について』
【15:35-15:50】 演者:池端幸彦
タイトル:『かかりつけ医の立場から』
【15:50-16:05】 演者:園生智弘
タイトル:『在宅医療と救急医療における情報連携のあり方』
【16:05-16:25】 総合討論
【16:25-16:40】 演者:山岸暁美
タイトル:『地域包括ケアシステムの実現に向けて解決すべき現場の課題 ~地区医師会は何をすべきか?~』
【16:40-17:00】
総括・閉会の挨拶
『日本在宅救急医学会のこれから』 吉田雅博、照沼秀也、小豆畑丈夫
〈第二会場〉 ~午前~ 一般演題 発表5分、質問2分
【9:20】 司会:中村謙介
一般演題 ➀ 医師
【9:20-9:27】 演者:中山 大
タイトル:『在宅療養要介護後期高齢者における事前予測死亡原因と最終死亡時状況の検討』
【9:27-9:34】 演者:吉川徹二
タイトル:『当院における高齢者施設からの救急患者の検討』
【9:34-9:41】 演者:加藤誠二
タイトル:『延命は希望しないが、救急車は呼びたい神経難病患者への対応』
【9:41-9:48】 演者:堺 正仁
タイトル:『下肢ガス壊疽患者を切断せずに在宅センタ-と総合外来で加療している症例』
【9:48-9:55】 演者:加藤 宏
タイトル:『急性期病院が在宅医療に取り組む意義』
【9:55-10:02】 演者:七戸康夫
タイトル:『救急医療と在宅医療の連携が地域の安心安全を守る』
【10:02-10:09】 演者:中村謙介
タイトル:『Post Acute Care Syndrome PACSと日本在宅救急学会の研究の方向性』
【10:09】  休憩(5分)
【10:14】 司会:津本順史・大淵 尚
一般演題 ② 看護師
【10:14-10:21】 演者:岩根智美
タイトル:『施設における急変時の対応 ~介護ホーム秋桜での取り組み~』
【10:21-10:28】 演者:青木万由美
タイトル:『在宅療養における緊急時の対応を考える 医療法人社団いばらき会の実践を通して』
【10:28-10:35】 演者:紺野昌代
タイトル:『重症児デイサービスにおける救急搬送の実態』
【10:35-10:42】 演者:大河原啓文
タイトル:『高齢者ケア施設から急性期病院への避けられる搬送や入院を削減する看護師主導の介入:スコーピングレビュー』
【10:42】  休憩(5分)
【10:47】 司会:下田重人・七戸康夫
一般演題 ③ 救命救急士、病院管理者、医師
【10:47-10:54】 演者:長岡敏信
タイトル:『下関市における高齢者救急搬送の課題と取組』
【10:54-11:01】 演者:前田俊輔
タイトル:『ICTを用いた「バイタルスコアリング法」による在宅医療と救急医療の医療の質と効率を向上させる取り組み』
【11:01-11:08】 演者:小波本直也
タイトル:『【救急振興財団事業】川崎市北部医療圏の有料老人ホームスタッフを対象とした急変時対応レクチャーの実施』
【11:08-11:15】 演者:遠藤拓郎
タイトル:『【救急振興財団事業】川崎市北部医療圏老人ホーム入居者の事前指示書に関する調査』
【11:15-11:22】 演者:伊藤竜彦
タイトル:『川崎市在宅救急研究会の報告』
【11:22-11:29】 演者:遠藤拓郎
タイトル:『【勇美財団助成研究】在宅診療を受けている患者のNational Early Warning Scoreによる重症度評価:特に高齢者施設患者について』
第1回 在宅医療機器安全セミナー ポスター
〈第二会場〉 ~午後~ 在宅医療機器コース
主催日本在宅救急医学会
協力フクダ電子株式会社 株式会社フィリップス・ジャパン
概要在宅で使用されている人工呼吸器のアラーム対応を学ぶコースです。
 まずは座学で基礎を学びその後、代表的機器を実際に用いて説明します。
日時2019年9月7日(土) 13:00~16:00
場所日本医科大学武蔵境校舎 第3回日本在宅救急医学会学術集会第2会場
対象訪問看護師を対象としていますが、その他の医療スタッフの参加も歓迎します。
その他コースを受講された方には、
修了証
を発行いたします
司会:立岡伸章
【13:00-13:05】 医療安全委員会 小豆畑丈夫
『開講の挨拶、協力会社のご紹介』
【13:05-14:05】 訪問看護師のための 在宅人工呼吸器トラブル対応
【14:05-14:15】  休憩・移動
【14:15-15:45】 フクダ電子株式会社・フィリップス・ジャパン
『アラームの原因とその対応』
【14:45-16:00】 『意見交換会』
【16:00-】 八洲学園大学 山本大樹
閉会の挨拶

アンケート提出及び修了証を交付



〈第三会場〉
【10:00~】
談話、休憩室
企業展示等を予定

2.一般演題募集

 

(ぜひ、発表をお願いいたします。よかった出来事をみんなで共有しましょう)
1.一般演題のテーマ
思い出に残った出来事、工夫していること報告、調査・研究報告、試して良かった報告、その他、在宅や救急に関することすべて
2.応募資格
医師、歯科医師、看護師、薬剤師、リハビリテーション(PT、OT、ST)、管理栄養士、栄養士、
医療ソーシャルワーカー、ケアマネジャー、臨床検査技師、臨床工学技士、事務、
その他、すべての医療関係者
3.応募期間
2019年5月13日~7月13日
4.応募方法
抄録(氏名、所属を含め、ワード800字以内)を、下記のアドレスに送って下さい。
『抄録の雛形はこちらよりダウンロードしてご使用ください』
zaitakukyukyu.3@gmail.com